オレンジ工房.com

原稿の作り方メディバンペイント編

メディバンペイントの詳しい操作方法については、メディバンペイント使い方講座をご覧下さい。オレンジ工房.comでは、ソフトのサポートは受け付けておりませんのでご了承下さい。

新規作成時の設定

解像度は一度低く設定すると、数値を高くしても元の画像には戻りません。最初に解像度を正しく設定して原稿の作成を始めて下さい。また解像度は全ページ(データ)で統一して下さい。こちらの設定で原稿用紙を作成して頂ければ、オレンジ工房.comのテンプレートと統合する必要はありません。

新規作成

  • 文庫サイズ冊子用の原稿は、「漫画原稿」タブから作成出来ませんので、「標準」タブから作成して下さい。文庫サイズ冊子用の原稿サイズは、「幅11.1cm×横15.4cm(塗り足し上下左右3mmを含む)」です。
  • オモテ表紙とウラ表紙がつながっている表紙原稿や、左右2ページに繋がっているコマ・イラストがある見開き本文原稿を作成する場合は、メディバンペイントの新規作成ではなく、オレンジ工房.comのダウンロードテンプレート(各セットのページ内にあります)をご利用下さい。

▲TOP

ファイルの書き出し設定

メディバンペイント形式(mdp)のデータではご入稿出来ませんので、メニューバー「ファイル」→「書き出し」から入稿用データを書き出して下さい。(書き出し(CMYK形式PSD)については後述) 入稿可能なファイル形式は、「PSD形式」です。TIFF形式でもご入稿可能ですが、データ容量が大きくなるため、おすすめしておりません。

ファイルの書き出し設定

「以下のサイズ内に収めて保存」「解像度を変更する」のチェックは必ず外して下さい。 書き出したデータは、不具合がないか必ず確認して下さい。

CMYK形式での保存方法
ファイルの書き出し設定 ファイルの書き出し設定

オレンジ工房.comでは、データを開く際にすべてJapan Color 2001 Coatedに変換致します。 メディバンペイントメニューバー「表示」→「カラーマネジメント設定」の「CMYKプロファイル」を「Japan Color 2001 Coated」に設定し、「ファイル」→「書き出し(CMYK形式PSD)」にて書き出しを行うと、CMYKカラー原稿がJapan Color 2001 Coatedで書き出されます。 お客様のご使用されているモニタやプリンタにより色味の違いは生じますが、仕上がりイメージにより近づけることができます。

▲TOP

注意事項

ノンブルを付けて下さい

メディバンペイントにはノンブル(本文のページ番号)を付ける機能がありませんので、ノンブルは手作業で付けて頂きますようお願い致します。

▲TOP

TOPへ移動