オレンジ工房.com

原稿の作り方Word編

Word形式(.doc・.docx)のデータでは入稿できません。PDF形式(.pdf)への変換が必要です。

基本設定

基本的に定型(原寸)サイズで作成、挿絵や枠線などがサイズいっぱいまである場合は、塗り足し込みのサイズで作成をお願いします。

用紙設定 A5サイズ 定型サイズ (148×210mm)塗り足し込みのサイズ (154×216mm)
B5サイズ 定型サイズ (182×257mm)塗り足し込みのサイズ (188×263mm)
文庫サイズ 定型サイズ (105×148mm)塗り足し込みのサイズ (111×154mm)
余白は定型サイズの端から10mm以上を推奨します

PDF形式の保存について

Word形式のデータ(.doc・.docx)のままではご入稿頂けませんが、PDF形式のデータ(.pdf)に変換・保存して頂けることによってご入稿して頂くことが可能です。 フォントデータを埋め込み、ファイル名は各ページのノンブルの数字にして1ページずつ保存して下さい。 本文が全ページPDF形式で保存されているデータは、ひとつにまとめて頂いて問題ありません。 PSD形式など、その他の保存形式が混在する場合は、PDF形式を1ページずつ保存した状態でご入稿をお願いします。

PDF形式の保存について
▲TOP

原稿の作り方SAI編

SAI形式(.sai)のデータでは入稿できません。PSD形式(.psd)への変換が必要です。

注意事項

RGBカラーのため、仕上がりの色味が変わります

SAIはRGBモードしかないため、仕上がりの色味が変わります。

レイヤーの統合をお願いします

レイヤーが統合されていませんと、「必要なレイヤーの欠損、ズレ」「不要なレイヤーが印刷に出てしまう」「色味が変わってしまう」などのトラブルが発生することがあります。 トラブルを防ぐためにも原稿は必ず「画像を統合」した状態でご入稿下さいますようお願いいたします。

レイヤーの統合をお願いします レイヤーの統合をお願いします
PSD形式へデータ変換を行ってからご入稿下さい

SAI形式(.sai)のデータは受けつけておりません。メニューバー「ファイル」→「指定のファイル形式で出力」→「.psd(Photoshop)」から入稿用データを書き出して下さい。

PSD形式へデータ変換を行ってからご入稿下さい
▲TOP

スクリーントーンについて

スクリーントーンについて
  • ドットが正円ではないトーン
  • 線数が細かすぎるトーン(WEB用のトーンなど)
  • ドットが黒100%ではない(グレーになっている)トーン
  • 600dpi以外のデータに使用されているトーン

上記のトーンはモアレやつぶれ等の不具合の原因となります。ドットが正円になっている、モノクロ二階調の線数が60までのトーンをご使用下さい。また、トーンを使用した原稿、もしくはトーン自体に拡大・縮小・回転等の変形を加えますと、ドットの形が変わりモアレが発生しますので、絶対に変形を加えないで下さい。

▲TOP

TOPへ移動