オレンジ工房.com

原稿の作り方ComicStudio編

ComicStudioMiniでは印刷用データを作成できませんので、ComicStudioProもしくはComicStudioEXをご利用下さい。 ComicStudioの詳しい操作方法については、ComicStudioマニュアルをご覧下さい。オレンジ工房.comでは、ソフトのサポートは受け付けておりませんのでご了承下さい。

新規作成時の設定

解像度は一度低く設定すると、数値を高くしても元の画像には戻りません。最初に解像度を正しく設定して原稿の作成を始めて下さい。また解像度は全ページ(データ)で統一して下さい。こちらの設定で原稿用紙を作成して頂ければ、オレンジ工房.comのテンプレートと統合する必要はありません。

新規作成時の設定
解像度 カラー原稿 350dpi
単色・モノクロ原稿 600dpi (600dpi以外はモアレが発生します)
用紙サイズ A5サイズ B5 (幅18.20cm・高さ25.70cm)
B5サイズ A4 (幅21.00cm・高さ29.70cm)
文庫サイズ B6 (幅12.80cm・高さ18.20cm)
表1と表4がつながっている表紙原稿や見開き本文原稿を作成する場合は、ComicStudioの新規作成ではなく、オレンジ工房.comのダウンロードテンプレート(各セットのページ内にあります)をご利用下さい。
仕上がり枠 A5サイズ A5 (幅14.80cm・高さ21.00cm)
B5サイズ B5 (幅18.20cm・高さ25.70cm)
文庫サイズ A6 (幅10.50cm・高さ14.80cm)
裁ち落とし幅 0.30cm〜0.50cm
基本線数 60.0まで (線数60を超えるトーンはつぶれてしまうおそれがあります)
※「cm」と「mm」の単位違いにご注意下さい。
▲TOP

擬似諧調について

"擬似階調"は使用しないで下さい。

擬似諧調について

擬似階調は非常に細かいドットになってしまい、白飛びやつぶれが発生します。メニューバー「ファイル」→「環境設定」→「ツール」内 のツールの動作の「1Bit・2Bitのラスターレイヤーにディザリングで描画する」のチェックを外し、グレー(8bit)-擬似階調レイヤーを使用せずに描画して下さい。

擬似諧調について 擬似諧調について

グレーを使用している原稿を、色深度「モノクロ二階調」で書き出した場合も、グレー部分が擬似階調化されてしまいますのでご注意下さい。

擬似諧調について
▲TOP

ファイルの書き出し設定

入稿可能なファイル形式は、「tif形式」「psd形式」です。bmp形式(モノクロ原稿のみ)でもご入稿可能ですが、データ容量が大きくなるため、おすすめしていません。 メニューバー「ファイル」→「書き出し」→「画像ファイル(寸法指定)」から入稿用データを書き出して下さい。 ComicStudio形式(拡張子:cst、cpg)のデータは取り扱っておりません。

ファイルの書き出し設定
―侘魯汽ぅ

  • 「等倍で出力」にチェックをつけて下さい。
  • 等倍で出力されていない場合、原稿サイズが変わり、モアレが発生します。

⊇侘枠楼

  • 「トンボの裁ち落としまで」か「ページ全体」を選んで下さい。
  • 「トンボの内側まで」は選択しないで下さい。「トンボの内側まで」を選ぶと、塗り足し部分が無くなり冊子の端に白地部分が見えてしまいます。

色深度

  • モノクロ原稿は「グレースケール」を選択して下さい。
  • 「モノクロ二階調」を選ぶと、グレーの部分が擬似階調化されてしまいます。詳しくは“擬似諧調について”をご参照下さい。
  • グレーを使用していない原稿であれば、「モノクロ2階調」での書き出しでも差し支えありません。

ぅ函璽鸚瀋

  • トーンを使用している原稿は、「トーン設定」ボタン内の「出力設定」を「すべてモノクロの網点で出力」に設定して下さい。
  • 初期設定のままですと、網点トーンにアンチエイリアスがかかり、仕上がりにモアレが発生してしまいます。書き出し後のデータも確認して頂きますようお願いします。

ファイルの書き出し設定
ゥ據璽絃霾

  • 「ノンブル」にチェックをつけて下さい
  • ノンブルのない原稿は、乱丁・落丁等のトラブルが発生しやすくなります。万が一、乱丁・落丁等が発生しても弊社では責任を負いかねます。
  • 「トンボ」にチェックをつけて下さい
  • 出力範囲を「トンボの裁ち落としまで」にした場合は、チェックを外しても差し支えありません。
  • 「下描き」「基本枠」のチェックは必ず外して下さい。
  • 書き出し後のデータも確認して頂きますようお願いします。

Ε侫.ぅ襪寮瀋

  • 「Photoshop」か「TIFF」を選択して下さい
  • 「BMP」でもご入稿可能ですが、データ容量が大きくなる為オススメできません。
  • 「Photoshop」で書き出す場合は、「設定」ボタン内の「レイヤーを統合して出力する」にチェックをつけ、レイヤーを統合して下さい。
  • レイヤーが統合されていませんと、「必要なレイヤーの欠損、ズレ」「不要なレイヤーが印刷に出てしまう」「色味が変わってしまう」等のトラブルが発生することがあります。

書き出したデータは、不具合がないか必ず確認して下さい。

▲TOP

TOPへ移動