オレンジ工房.com

原稿の作り方

冊子印刷 本文 共通事項
冊子印刷 本文 共通事項
仕上がりサイズ 原稿サイズ 内枠
A5サイズの本 W148×H210mm W154×H216mm W120×H177mm
B5サイズの本 W182×H257mm W188×H263mm W150×H220mm
文庫(A6)サイズの本 W105×H148mm W111×H154mm W87×H127mm
  • 仕上がりサイズ(この位置で断裁します)
  • 仕上がりサイズの枠線は絶対に書かないでください。枠が印刷に出てしまいます。
  • この線を基準に断裁されますが、作業の関係上1〜2mmの誤差が生じます。重要な文字やイラストはこの付近には入れないで下さい。
  • 原稿サイズ(この位置まで原稿を描いて下さい)
  • 仕上がりサイズの線を基準に断裁されますが、作業の関係上1〜2mmの誤差が生じます。仕上がりいっぱいにイラストを入れたい原稿の場合は、原稿サイズの線までイラストがないと、仕上がりに白い部分が出る可能性があります。必ず原稿サイズまで作成して下さい。
  • 内枠(製本したときに読みやすい部分です)
  • 内枠の枠線は絶対に書かないでください。枠が印刷に出てしまいます。
  • 基本枠とも呼ばれます。重要な文字やイラストはこの枠内に収めて下さい。
基本的な用語や原稿の詳しい作り方

同人誌印刷についての基本的な用語や原稿の作り方は、サンプルとしてご注文頂けるホワイトセットサンプルに掲載されています。PDFでもダウンロードできます。

共通事項

原稿を作る際の共通事項についてまとめています。

アプリケーション

オレンジ工房.comでは、さまざまな原稿作成方法でご入稿頂けます。
特にご入稿の多い形式での作成方法をご説明致します。

同人誌を作るにあたっての注意事項

同人誌作成にはルールがあります。必ずお読みの上、ご入稿下さい。

▲TOP

共通事項

ノンブルについて

ノンブルとは、本のページを表す数字のことです。ノンブルは製本する際に非常に重要な役割を果たします。乱丁・落丁を防ぐためにもノンブルは仕上がり線よりも5mm以上内側につけて下さい。
ノド側(本の綴じられる側)の仕上がり線ギリギリに入れて頂ければ、製本時に隠すこともできます(隠しノンブル)。ノンブルがない場合、または断裁時に切れた場合は、乱丁・落丁に対する責任は一切負えません。

原稿作成時の注意事項について

原稿作成時の注意事項について (クリックで拡大) 原寸大画像はこちらをクリック(19MB)

スクリーントーンについて

スクリーントーンについて
  • ドットが正円ではないトーン
  • 線数が細かすぎるトーン(WEB用のトーンなど)
  • ドットが黒100%ではない(グレーになっている)トーン
  • 600dpi以外のデータに使用されているトーン

上記のトーンはモアレやつぶれ等の不具合の原因となります。ドットが正円になっている、モノクロ二階調の線数が60までのトーンをご使用下さい。また、トーンを使用した原稿、もしくはトーン自体に拡大・縮小・回転等の変形を加えますと、ドットの形が変わりモアレが発生しますので、絶対に変形を加えないで下さい。

確認用見本について

データの中身を確認するための見本を、jpg画像で原稿と一緒にアップロードしていただくか、FAXでご送信ください。中身の確認用ですので、色見本にはなりません。

データの保存について

本文のファイル名は各ページのノンブルの数字にし、表紙のデータやグッズのデータ等は分かりやすいように半角英数にして保存して下さい。

  • オンライン入稿の場合
  • データをフォルダにまとめ、Macはzip・sit、Windowsはzipのいずれかの形式で圧縮して下さい。圧縮後のファイル名は必ず半角英数でお客様のお名前にして下さい。
  • 郵送でのご入稿の場合
  • メディア(USB・CD-Rなど)に保存する際、データを圧縮してからの保存はデータが破損する場合がありますので、圧縮はせずにメディアに保存して下さい。
▲TOP

同人誌を作るにあたっての注意事項

著作権について

実物そのもののキャラクターや写真・ロゴ、複製に値するものは一切印刷をお断り致します。
二次創作の冊子印刷やグッズ印刷は、過度の作成は処罰の対象になる恐れがあります。
特にグッズは、イラストだけでは個性や作品性の表現をしにくいため、"海賊版"や"コピー商品"と扱われてしまう可能性が高いです。 グッズ作成をお考えの方は、今一度熟慮されたうえで、ご入稿下さいますようお願い申し上げます。

  • ディズニーに関連する印刷について
  • ディズニー社に著作権を帰属する作品(キングダムハーツを含む)の冊子印刷、グッズ印刷はすべてお断り致します。
  • 任天堂(ポケットモンスター)に関連する印刷について
  • 人物(トレーナー)以外のキャラクターやモンスターなどが描かれている・成人向け作品(性や暴力の表現)などの事項に該当する作品は、印刷をお断りさせて頂きますので、その点だけはご留意下さい。

上記以外でも弊社が判断した場合は、印刷をお断りさせて頂く場合があります。これによって生じました納期遅れや損害・トラブルにつきましては一切の責任を負いかねます。ご入稿前に問題が無いか各自必ずご確認下さい。
ご理解頂きますようお願い申し上げます。

成人向け作品について

性や暴力の表現は、ストーリーや演出上必要な場合がありますが、過度の表現は処罰の対象になる可能性があります。これは個人の責任だけではなく、同人誌業界全体の責任が問われる場合があります。ルール・マナーをお守り頂き、お客様がイベントを楽しむお手伝いができれば幸いです。

  • 性器の露骨な描写は避けて下さい。修正する場合は、黒ベタまたは白抜きが基本です。トーンやモザイクでも形が特定できるものは厳禁です。
  • 成人向け作品であることを示す表記を表1に入れて下さい。

詳細は日本同人誌印刷業組合やコミケットアピールの意向に準拠致します。こちらでお受けできないと判断した場合は、修正依頼または印刷をお断りさせて頂きます。これによって生じる納期遅れや損害・トラブルにつきましては一切の責任を負いかねます。
ご入稿前に問題が無いか各自必ずご確認下さい。

コミックマーケットにおける頒布物の表現について

昨今、成年向けマンガ雑誌の編集者が逮捕されるという事例を受け、性描写の修正の判断基準の基となる「商業誌」(特に雑誌)の表現が、「修正をより強く行う」方向に変化しております。
このような状況から、参加サークルに向けてのアピールにも商業誌における状況をよく確認するよう注意喚起が行われており、また、以前のコミックマーケットと同等の修正基準では頒布不可と見なされる可能性が、準備会から示唆されております。
そのため、オレンジ工房.comでも更なる修正の強化をお客様にお願いしております。
即売会と印刷所の基準は必ずしも一致しませんが、現状のところ弊社ではアピールにもあるように、商業誌(直近の雑誌等)を基準として印刷可能な修正の度合いを決定しています。
現状修正には法的に明確な基準が存在しないため、即売会や印刷所によって修正の度合いは異なります。
以上をご参考までに、常に最新の状況を把握された上で創作活動を行って下さいますよう、お願い致します。
>>【注意喚起】コミックマーケットにおける頒布物の表現について

奥付の表記について

著作権や成人向けに関わらず、下記項目を奥付として表記して下さい。

  • サークル名
  • 連絡先(メールアドレスやサイトアドレス等でも可)
  • 発行日
  • 印刷会社名(オレンジ工房.com、orangekoubou.comなど弊社で印刷したとわかる表記)
▲TOP

TOPへ移動