Illustrator

保存形式 ◎psd形式へデータ変換を行ってからご入稿下さい(型抜きシールを除く)
eps形式、ai形式では画像がズレて表示される現象が発生する恐れがありますので、Illustratorでご入稿される場合は、psd形式へデータ変換を行ってからご入稿下さい。
※グッズの型抜きシールのみ、eps形式、ai形式でのご入稿をお願いします。

Illustratorのデータをpsd形式に変換する方法

1
ファイル→書き出しを選択
2
Photoshop(PSD)を選択
3-1
フルカラー原稿(表紙など)

カラーモード→CMYK
解像度→350dpi
オプション→統合画像のみをチェック
3-2
グレースケール原稿(本文など)

カラーモード→グレースケール
解像度→600dpi
オプション→統合画像のみをチェック
注意事項 ◎ドキュメントのカラーモードはCMYKカラーで作成をお願いします
RGBカラーでも入稿・印刷は可能ですが、仕上がりの色味が変わります。画像ファイルもCMYKモードで作成して下さい。
◎印刷に適した描画方法で作成をお願いします
■濃度が10%未満の描画や、1pxのトーンは印刷に出なかったり、非常にわかりにくくなる事があります。
■線の太さは3px以上で作成をお願いします。2px以下の線は、細すぎて印刷にでにくいため、かすれます。
◎リンクしている画像の埋め込みをお願いします
リンクによる不備(リンク切れや画像なしなど)を防ぐため、リンクしている画像はすべて埋め込んで下さい。埋め込むことにより、画像が正しく表示されます。

◎規定のサイズでトンボの作成をお願いします
トンボは『フィルタ』や『オブジェクト』内にある『トリムマーク』で作成して下さい。

スクリーントーンについて

●アンチエイリアスがかかっているトーン
●ドットが正円ではないトーン
●線数が細かすぎるトーン(WEB用のトーンなど)
●ドットが黒100%ではない(グレーになっている)トーン
●600dpi以外のデータに使用されているトーン
上記のトーンはモアレやつぶれ等の不具合の原因となります。 ドットが正円になっている、モノクロ二階調の線数が60までの トーンをご使用下さい。
また、トーンを使用した原稿、もしくはトーン自体に拡大・縮小 ・回転等の変形を加えますと、ドットの形が変わりモアレが発生しますので、絶対に変形を加えないで下さい。

フォントについて

Illustratorでは文字のアウトライン化をして文字フォントを画像データにして下さい。文字フォントデータをそのままで入稿してしまいますと文字のイメージやレイアウト等が変わってしまいます。

データの保存・圧縮

■CD・MO等のメディアに保存して入稿する際
本文のファイル名は各ページのノンブルの数字にし、表紙のデータや、
グッズのデータ等は分かりやすいように半角英数にして保存して下さい。
メディアに保存する際、データを圧縮してからの保存はデータが破損する場合がありますので、
圧縮はしないでメディアに保存して下さい。

■データをオンラインで入稿する際
本文のファイル名は各ページのノンブルの数字にし、表紙のデータや
グッズのデータ等は分かりやすいように半角英数にして保存して下さい。
データはフォルダにまとめ、Macはzip・sit、Winはzipのいずれかの形式で圧縮して下さい。
圧縮後のファイル名は必ず半角英数でお客様のお名前にして下さい。

■見本について
データの中身確認用見本は、jpg画像で原稿と一緒にアップロードしていただくか、FAXでご送信ください
(中身の確認用ですので、色見本にはなりません)
>>ご入稿前のチェック!もあわせてご確認下さい!

テンプレートダウンロードへ

テンプレートをご利用されない方は、こちらをご参照下さい。
オレンジ工房.com Twitterへ オレンジ工房.com LINE@へ

TOPへ移動