原稿の作り方 / Photoshop

レイヤーの統合をお願いします! レイヤーが統合されていませんと、「必要なレイヤーの欠損、ズレ」「不要なレイヤーが印刷に出てしまう」「色味が変わってしまう」等のトラブルが発生することがあります。
トラブルを防ぐためにも原稿は必ず「画像を統合」した状態でご入稿下さいますようお願いいたします。
保存形式 pdf
推奨解像度 解像度は一度低く設定すると、数値を高くしても元の画像には戻りません。
最初に解像度を正しく設定して原稿の作成を始めて下さい。
また解像度は全ページ(データ)で統一して下さい。
フルカラー(CMYKカラー) 350dpi(pixel/inch)
グレースケール 350dpi(pixel/inch)
モノクロ2階調 350dpi(pixel/inch)
※350dpiより大きく設定すると、印刷時に不具合が出る可能性があります。
推奨
カラー設定
Japan Color 2001 Coated (CMYK)
注意事項 ◎フルカラーの場合はCMYKカラーでの作成をお願いします
RGBモードでも入稿は可能ですが仕上がりの色身が変わります。
◎モノクロ・単色カラーはグレースケールまたはモノクロ2階調で作成をお願いします
テンプレートやドキュメントを開く際に、カラーモードの選択にご注意下さい。
◎トンボは必要ありません
コピー機の特性上、全面印刷はできません。
◎印刷に適した描画方法で作成をお願いします
■濃度が10%未満の描画や、1pxのトーンは印刷に出なかったり、非常にわかりにくくなる事があります。
■線の太さは3px以上で作成をお願いします。2px以下の線は、細すぎて印刷にでにくいため、かすれます。
◎"カラーハーフトーン"は使用しないで下さい
トーン化する際に『フィルター』の『カラーハーフトーン』は使用しないで下さい。 カラーハーフトーンはグレーがかったドットになるため、印刷に適していません。 必ずモノクロ二階調(60線以下)のトーンをお使い下さい。

◎レイヤーの統合をお願いします
データ完成後、画像の統合を行いレイヤーの表示が"背景"の状態にして下さい。

データの保存

保存したPDFファイルを、本文データのみ結合して下さい。

Acrobatをお持ちでない方は、フリーソフトなどをご利用下さい。
※フリーソフトは自己責任でご使用下さい。
●PDF変換 http://www.xlsoft.co.jp/jp/products/primopdf/index.html
●PDF結合 http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/writing/se271911.html

PDF結合ファイルの作成は当店のセルフパソコンでも作業できます。

原稿の作り方 / ComicStudio

保存形式 psd・tiff・bmp
推奨解像度 解像度は一度低く設定すると、数値を高くしても元の画像には戻りません。
最初に解像度を正しく設定して原稿の作成を始めて下さい。
また解像度は全ページ(データ)で統一して下さい。
基準解像度 350dpi
用紙サイズ 【A5本】幅14.80cm・高さ21.00cm
【B5本】幅18.20cm・高さ25.70cm
仕上がり枠 【A5本】幅14.80cm・高さ21.00cm
【B5本】幅18.20cm・高さ25.70cm
裁ち落とし面 0cm
注意事項 ◎"擬似階調"は使用しないで下さい
擬似階調は非常に細かいドットになってしまい、白飛びやつぶれが 発生しますので、メニューバー「ファイル」→「環境設定」→「ツール」 にある「1bit2bitのラスターレイヤーにディザリングで描画する」のチェックを外して、グレー(8bit)-擬似階調レイヤーを使用せずに描画して下さい。


◎書き出し(画像のエクスポート)の設定をお願いします
・書き出し(画像のエクスポート)の際は、出力サイズを「等倍で出力」、出力範囲を「ページ全体」、色深度を「グレースケール」または「最適な色深度を自動判別」に設定して下さい。スクリーントーンをご使用の際は、トーン設定ボタン内の「すべてモノクロの網点で出力」を選択して下さい。トンボ・基本枠・グリッドのチェック欄は必ず外して下さい。

データの保存

保存したpsd・tiff・bmpファイルを、PDFファイルに変換後、本文データのみ結合して下さい。

Acrobatをお持ちでない方は、フリーソフトなどをご利用下さい。
※フリーソフトは自己責任でご使用下さい。
●PDF変換 http://www.xlsoft.co.jp/jp/products/primopdf/index.html
●PDF結合 http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/writing/se271911.html

PDF結合ファイルの作成は当店のセルフパソコンでも作業できます。